クマ襲撃パーク再開へ

車で巡回していた女性従業員が、ツキノワグマに殺された事件がおきたサファリパークが営業再開となった。
これまで車の窓には鉄パイプが1本ついていたが、今回の事件で動物の力では簡単に破壊でき車に乗り込まれてしまうとわかった。
このことを受けたパークは、鉄パイプから鉄格子へ変更し、巡回車の台数・人数を増やすなど対策をとった。
営業は再開されたが、客のなかには「まだ恐い」と口にする客もいた。
クマたちは一部柵でくぎって移動が制限されるという。
夏休みももうそろそろ終わる。安全が強化されたパーク、最後に家族といってみるのはどうだだろうか?