AKB総選挙、まゆゆが暫定1位

AKB48の45枚目のシングルの楽曲を歌う選抜メンバーを決める『第8回AKB48選抜総選挙』の投票速報が1日、東京・秋葉原のAKB48劇場で発表され、AKB48チームBの「まゆゆ」こと渡辺麻友さんが速報得票数、過去最多となる4万2034票で自身初となる暫定1位スタートとなったそうだ。2位はHKT48チームHの指原莉乃さん、3位はSKE48チームSの松井珠理奈さんとなったという。
AKB48選抜総選挙史上初の2連覇を狙った昨年は、速報でまさかの3位となったまゆゆ。開票結果も順位を伸ばせず3位となり「まだまだ現状に満足せず、負けず嫌いな性格なので、日々目の前のことに一生懸命に取り組んでいきたいです」とコメントしていたそうだ。
暫定1位を受けてまゆゆは「速報1位は初めて。本当にファンのみんなが頑張ってくれたんだな。本当にもう、ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱい。さっしーがそこまで来てる」と涙ぐみ、手に胸を当てながらファンに感謝を述べたという。
同選挙にはAKB48及び姉妹グループに所属する272人が立候補。5月31日からスタートしたファン投票によって、45thシングルの表題曲のセンターや選抜16人、カップリング曲を歌う「アンダーガールズ」、「ネクストガールズ」、「フューチャーガールズ」、「アップカミングガールズ」をそれぞれ決定するとのこと。
開票は6月18日にHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催されるそうだ。どんな結果になるのだろうか?