Googleがスターウォーズ公開にノリノリ

Googleが11月23日、「google.com/starwars」を公開した。サイトでライトサイドかダークサイドを選ぶことで、GmailをはじめGoogleマップ、YouTube、ChromeなどのGoogleのアプリが選んだサイドによってデザインなどが変更されるという。
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されると聞いたGoogleのエンジニアらが「検索に何かスター・ウォーズ的なものが出てきたらかっこよくない?」「もし銀河標準語ををGoogle翻訳で解読できたらどうする?」などいくつものアイデアを出し合った結果、ファンによるファンのための場所を公開するに至ったとブログで説明している。
例えばGmailでは、選んだサイドによってローディン時に表示されるプログレスバーがライトセイバーに変化。ライトサイドは青に、ダークサイドは赤が表示されるそうだ。Gmailの背景画像も選んだサイドによって変更されるという。
またGoogleマップでは、ペグマンが「ファーストオーダーストームトルーパー」か「反乱軍のパイロット」に変化。モバイル版では「自宅」と「職場」を示すアイコンが、選んだサイドによって変化する。また、Googleマップナビでは、「TIEファイター」か「X ウィング」が目的地までナビするそうだ。他にもGoogleカレンダーでは、「それほど遠くない昔、はるか彼方ほどではところにある銀河系で…」などスターウォーズに関する出来事が、選んだサイドに合わせてカレンダーに追加される。
Googleでは「イースターエッグ」などいくつもの仕掛けを用意しており、「内なるフォースを覚醒させ、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた”もの”たちをぜひ探してみてください」とのこと。企業がここまで大々的にいろいろな仕掛けを仕込んでくると、何だか楽しくなってくる。