「カフェイン中毒」の危険な兆候

朝起きて、美味しいコーヒーを飲むのが楽しみという人も多いのではないでしょうか。
コーヒーを淹れたときの香りをかぐと、嗅覚が刺激されて、目が冴えると言う人も多いはず。
また、会社で働いているときも、仕事の合間にコーヒーブレイクを摂る方も多いのではないでしょうか。
でもなんでも飲み過ぎは禁物だ。コーヒーを飲み過ぎたことによって、カフェイン中毒になったという人もいる。
そうならないためにも、どんなこちらで、どのような状況がカフェイン中毒なのでしょうか。
まず、集中力がなくなる。会社や自宅でたまたまコーヒーが切れてしまった時、何をしようとしても集中することができなくなってしまいます。そしてほかには、頭痛や気分が落ち込んだり、すごい眠気が出てきたりします。
あなたもカフェイン中毒ではないですか?
このような「中毒症状」を抑えるためには、1日のカフェイン摂取量が大切です。
少しずつ量を減らして行けたらいいですね。