Latest Posts

FBI、iPhoneロック解除に成功

米検察当局は28日、カリフォルニア州サンバーナーディーノで昨年12月に起きた銃乱射事件の容疑者が所有していたiPhoneのロック解除にFBIが成功したと発表した。これで、大きな論争を巻き起こした米政府とアップルとの法廷闘争は終結することとなった。
アイリーン・デッカー連邦検事は声明で、「第三者の協力を最近得て、保存されている情報を全く損なわずにこのiPhoneのロックを解除できるようになった」と、訴訟の打ち切りを決めたことを明らかにした。
連邦検察は訴訟取り下げのため法廷に提出した書類で、昨年12月2日にサンバーナーディーノで起きた銃乱射事件で警察に射殺されたサイード・ファルーク容疑者のiPhoneのロック解除に米政府が成功し、「アップルの協力はもはや不要になった」と説明しているという。
アップルはこれまで、セキュリティーやプライバシーに広範な影響を及ぼすとして米政府への協力に頑強に反対。米グーグルや米フェイスブックといったIT大手もアップルへの支持を表明していた。
FBIに協力した「第三者」の正体は不明だが、犯罪捜査技術を手掛けるイスラエル企業が協力した可能性が報じられているという。
どのような方法でロックを解除したのだろうか?協力した「第三者」も気になるところだ…。

ハトにエサ、付近住民から苦情

名古屋市で公園や自宅付近でハトにエサを与えていた男性がいた。付近住民の苦情を受けて市職員が注意すると、職員に水をかけてきたという。
男性がエサをやるので、公園や自宅周辺には、大量にハトが押し寄せる。ハトの羽やフンによって、道路、公園、付近住民の洗濯物が汚れるなどの被害が出ていた。
住民は、記者に「フンや羽が落ちて嫌」「車を運転していると危ないのでやめてほしい」と話した。
住民からのこういった苦情を受け、行政指導の市職員が4回ほど男性に注意を促したが聞き入れず、ついに職員に水をかけたという。
職員は、「我々は公務でやっているので、文句をつけたことになる」として、警察が水をかけた行為などを暴行にあたると判断。
公務執行妨害として男性に任意同行を求め、事情聴取を行った。男性は、「ハトにエサをやらない」と説明したという。
公園でもエサやりが禁止されている場所があるのに、家の近くでやられたら住民はたまらないだろう。これで改善されればいいのだが。

ゴーストバスターズ、新作8月公開へ

幽霊退治を行う、「ゴーストバスターズ」の活躍を描く大ヒットを記録している映画、このシリーズの最新作「ゴーストバスターズ」が、8月19日に日本で公開されることがわかりました。
今作では女性がゴーストバスターズとして活躍するといいます。
1984年に公開されて、メガヒットを記録した「ゴーストバスターズ」は、幽霊退治会社である、「ゴーストバスターズ」を設立した3人の科学者が、ニューヨーク最大の危機に立ち向かいます。
そのさまを追ったSFコメディーの同作品。
今作では、ゴーストバスターズのメンバーを女性が演じることがすでに発表されています。
彼女たちの素性、またゴーストバスターズ結成の経緯などはまだベールに包まれています。

蛇口からホットチョコレート

伊勢丹新宿店本館では、2016年2月3日から15日まで、クリエイティブスタジオ「KLOKA」によるバレンタイン企画「マウントイセタンショコラテリエ バイ クローカ」を開催するそうだ。
会場にはチョコレートでできた大きな山のジオラマが登場。山や沼地、地層などさまざまな異なる地形の中からお気に入りの箇所を採掘でき、採掘した鉱物(チョコレート)は瓶詰の標本にして持ち帰ることができるという。
また、KLOKAによる名物企画となった”蛇口から出るほっとチョコレート”も鉱山の麓に出現。蛇口から直接コップに注いで味わうことができる。手をかざすだけでトッピングが自動で降り注がれる6種類のトッピングマシンも設置されるので、自分だけのオリジナルのホットチョコレートへのアレンジも可能とのこと。
さらに、チョコレート鉱山で採掘された鉱物(チョコレート)を職人が丁寧に磨き、特殊な方法で精製されたまるで宝石のようなボンボンショコラも販売。エレメントごとのセットや鉱物を模したクリスタルボックスに入ったスペシャルパッケージはバレンタインギフトにピッタリだそうだ。
バレンタインデートやバレンタインギフトにはもちろん、自分へのチョコにも良さそうだ。

夢の国でのアルバイト、面接に3千人

夢の国と呼ばれるディズニーリゾートで働くキャストは、大半がアルバイト社員だという。新たなアルバイト社員の面接会が、2日間で行われた。
面接会の会場は、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートである。面接に至るまでは、衣装サイズの採寸を行い、衣装製作、ステージ出演者の送迎といった裏方の仕事の紹介パネルがある。現役キャストが実際に使用している衣装に身を包み、やりがいなどを説明していた。
面接を担当するオリエンタルランドのキャスト採用のグループマネージャーは、「パークの雰囲気を感じてもらいながら、あまり緊張しないように望んでほしい。本人の人柄を引き出す狙いもある」と語った。
オリエンタルランドでは採用面接を年に2、3回のペースで行っている。今回の採用予定は1400人で、それに対し3千人ほどの希望者が集まった。参加者は10代後半から30代が多く、男女比は女性がやや多いという。また、第二の人生を送りたいとして面接に望む人もいた。千葉県在住の58歳の男性は、長年勤めた製薬会社を早期退職し今回初めて面接を受けたという。「約30年前から接客業がやりたくて百貨店などの採用面接をうけたが、就職できなかった。そういう若いときの思いもあって、娘と一緒に遊びに来たとき、定年を迎えたらここで働きたいと感じた」と話したそうだ。採用されたら、入り口ゲートで、一番に笑顔を届けたいという男性。
今回の参加者は早ければ1月から研修をうけて現場で働くことになるという。
華やかなステージやアトラクションに目が行きがちな夢の国だが、写真をとっているとキャストが声をかけてくれたり、うっかり食べ物をこぼしてしまった時も素早く片付けてくれたりする。夢の国をささえる裏方の仕事をうけおうキャストに感謝してパークを楽しもう。

正月の三が日、季節外れの暖かさに

日本列島は季節外れの陽気が続いています。
正月三が日としては、記録的な暖かさになっている日本列島。
正月三が日としては異例の西日本、東日本を中心に気温が上がり、3日午前11時、東京では12.0度、横浜では11.3度まで上がり、季節外れの陽気となりました。
最高気温は東京で16度、大阪、広島などでは15度となり、2日以上に気温が上がって、桜が満開になるころの陽気のところもありそうです。正月三が日としては記録的な暖かさの日本。この季節外れの暖かさは1月5日ごろまで続く見込みです。
暖かいお正月、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

Googleがスターウォーズ公開にノリノリ

Googleが11月23日、「google.com/starwars」を公開した。サイトでライトサイドかダークサイドを選ぶことで、GmailをはじめGoogleマップ、YouTube、ChromeなどのGoogleのアプリが選んだサイドによってデザインなどが変更されるという。
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されると聞いたGoogleのエンジニアらが「検索に何かスター・ウォーズ的なものが出てきたらかっこよくない?」「もし銀河標準語ををGoogle翻訳で解読できたらどうする?」などいくつものアイデアを出し合った結果、ファンによるファンのための場所を公開するに至ったとブログで説明している。
例えばGmailでは、選んだサイドによってローディン時に表示されるプログレスバーがライトセイバーに変化。ライトサイドは青に、ダークサイドは赤が表示されるそうだ。Gmailの背景画像も選んだサイドによって変更されるという。
またGoogleマップでは、ペグマンが「ファーストオーダーストームトルーパー」か「反乱軍のパイロット」に変化。モバイル版では「自宅」と「職場」を示すアイコンが、選んだサイドによって変化する。また、Googleマップナビでは、「TIEファイター」か「X ウィング」が目的地までナビするそうだ。他にもGoogleカレンダーでは、「それほど遠くない昔、はるか彼方ほどではところにある銀河系で…」などスターウォーズに関する出来事が、選んだサイドに合わせてカレンダーに追加される。
Googleでは「イースターエッグ」などいくつもの仕掛けを用意しており、「内なるフォースを覚醒させ、遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語から生まれた”もの”たちをぜひ探してみてください」とのこと。企業がここまで大々的にいろいろな仕掛けを仕込んでくると、何だか楽しくなってくる。

なぜ男性専用車両1つもないのか

深刻な痴漢の被害を防ごうと導入された「女性専用車両」。
今では、全国で31事業者の82路線で導入されている。
女性専用車両の登場から十数年が経過するが、男性車両ができたという話はいまだに聞いたことがない。
映画にもなった痴漢の冤罪の影響も考えると、一つや二つあってもよさそうだが。なぜないのだろうか・・・。
痴漢の被害は深刻となっているが、その一方で冤罪事件も起きているのが現状だ。
映画監督の周防正行さんは、2007年、痴漢冤罪事件を扱った映画「それでもボクはやってない」を手がけた。
周防さんは、2011年に始まった法制審の「新時代の刑事司法制度特別部会」で委員を務めている。
また、2008年2月、大阪市営地下鉄では御堂筋線で女性が痴漢の被害を訴え、男性会社員が逮捕された。
しかし、この訴えが虚偽だったことがのちに判明する。
「男性専用車両」の導入、あなたはどう考えますか?

動物の寝相に騒然

一時期、盛岡市動物公園の公式ツイッターが話題になりました。ラクダやポニーの寝相を投稿するたびに「行き倒れ」「まるで屍」と多くの反響を呼んでいました。
盛岡市動物公園で飼育している小型のアヒル「コールダック」。その一羽の寝相が今年6月にツイッターに投稿され、25000リツイートを超えて話題となりました。
投稿には「コールダックの池の前が人だかりになっていて、『一羽倒れていますよ!』と声をかけられました。何だかこのフレーズ、前にも聞いたような…と思いながら見に行くと、やっぱり。ぐっすり眠っております。なぜこんな寝相なのでしょう…」というコメント共に仰向けに倒れてスヤスヤ眠すアヒルの画像が…。
この動物園で寝相が話題になったのはこれが初めてではないそうです。過去に投稿されたポニーやラクダの画像も、その「行き倒れ感」の高さが話題になりました。ネット上では「盛岡市動物公園は眠りの森」と呼ばれている盛岡市動物公園。個体によって差があるそうですが、他の動物園でも同じでは、とのこと。寝ている動物たちの画像をたびたび投稿して話題になったので、「眠りの森」のイメージが持たれているようです。警戒心の強い草食動物がここまで完全に横になって眠る姿にはびっくりする人が多いということですが、それだけ人に慣れて園になじんでいるということなのだそうです。それだけ盛岡市動物公園が動物たちにとって安心できて居心地のいい場所なのでしょう。

又吉エッセー記載の文学史、発売前の増刷決定

芥川賞を受賞したお笑いコンビのピースの又吉直樹の新作エッセーが掲載される文芸雑誌「文学界」が、発売前に増刷を決定したことが2日わかりました。
「文学界」の9月号には、又吉が中編小説「火花」で7月16日に、第153回芥川賞を受賞した後書いたエッセーが掲載されることとあって、全国の書店から問い合わせが殺到したといいます。
通常号の2倍となる2万部を発行する予定でしたが、さらに1万部増刷することが早くも決定したそうです。
「文学界」の増刷は「火花」が掲載された今年2月号が1933年の創刊以来初のことでした。
今回の増刷は史上2度目となり、発売前の増刷は史上初となるとのことです。
又吉の原稿は、「芥川龍之介への手紙」で、芥川への手紙の形式を取りながら、自らの創作にかける思いをおよそ6ページにわたって書き記したエッセーです。